医療系ソフト開発randMS-無料

randMSの公開 2016/10/01

臨床治験のランダム化を自動に割付するソフトの開発が終了し,
論文投稿を行っていましたが,3つの学会誌に投稿しましたが
大まかに下記の理由にて
論文がアクセプトすることが困難でした.


①COIに問題を生じる可能性があること

【当社の解釈】
「オリジナル」のrandMSを使用料することに当たって,
金銭的な授受は発生しません.
しかしながら,
各研究機関がrandMSをカスタマイズする場合,
カスタム代金として金銭的な授受が発生することがあるため,
完全に無料としているわけではありません.

風の庵という会社が作成したソフトであり
利益相反が生じる可能性が否定できない理由は,もっともでした.
(カスタム化しない場合は,もちろん無料でご利用いただけます)


②新しいアルゴリズムではない

【当社の解釈】
randMSは,
下記の2つを用いてランダム化しているソフトになります.
・ランダム置換ブロック法
・最小化法
これらは,先行文献を参考に,各個人が手動で行っていたことを
自動化したソフトになっただけで,新規性のアルゴリズムかどうかと言われれば,
査読者が指摘しているように「全く新規性」はありません.


以上から,
randMSを既成の雑誌に投稿することで,
臨床治験に関わる先生方の社会貢献をしたいという
思いは完全に断たれてしまいました.
従いまして,
既成の学会誌では
randMSの正当性を根拠とする雑誌はありません.


当社が立ち上げました日本総合医療・統計研究会雑誌による論文に作り直し,
ご利用いただける先生方が見やすくなるように
論文を公開しました.

この論文に賛同していただける先生方に
randMSを無料で使って,可愛がって頂きたく存じます.


もし,可能でしたら,
ご利用いただける先生の中で,
randMSがきちんとランダム化されているかの確認を
させていただけると幸いと存じます.



論文については,こちらをご供覧ください.

pdf原著論文(修正)

randMSにご興味がある先生方へ

 

誤解してほしくないことは,

randMSのソフト開発に関する論文が

既成の雑誌にアクセプトされなかったのであって,

randMSを使うランダム化ができていないということで,

論文がアクセプトされなかったのではありません.

 

それ故,randMSは使いたくないと思ってほしくありません.

randMSに関する精度について,

現在,第二段目の論文を作成しております.

もう少しおまちください.

randMSが臨床治験に携わる先生のお役に立てると信じています.

 

randMS 現在査読中

ランダム比較試験における割付を自動的にするソフトです.
当初は,ランダムくんとなずけていましたが,
論文化するにあたり,さすがにマズイと思いまして,
randMSに名前を変更しました.
「らんだ・えむ・えす」と言います.

色々お問い合わせがありましたが,
やっと,皆様に見せることができるレベルまで仕上げました.

現在ある雑誌に投稿して,査読中ですので,
詳しいことは,結果が分かり次第お伝えいたします.

雑誌のアクセプトが確定しましたら,
フリーソフトでrandMSを配信しようと思いますので,
もう少しお待ちください.