医療系ソフト開発

研究用のデータベース


データベースの入力を
誰が行っても同じようにしたい(標準化したい)と
思われる先生は多いと思います。

残念ながら、研究は様々であり、
「ひな形」は存在しません。

オーダーメイドのカスタムになりますので、
ご用命がございましたら、お問い合わせください。

キャンペーンで、
ご依頼された解析のデータベースのシステム作りを
サービスを行っていることがありますので、
お問い合わせください。

ソフトをipad/iphoneで操作したい!

パソコンによるランタイム操作では,融通が利かなく,
ポータブル性を増してほしいというニーズが多く,

取り始め,ipadによる頚動脈エコーの操作ができるように開発しました.


①ランタイム→FilemakerGoのデータ移行方法

まず,iTuneFilemakerGoがインストールされていることが前提になります.
(どちらも,無料でインストールすることが出来ます)

購入したランタイムのソフトをデスクトップにおいてください.


ipad/iphoneをパソコン本体に接続すると,
下記の画面が開きます.
矢印にあるipadのボタンを選択します.

 


②Appボタンをおす


App(赤矢印)のボタンを押すと,

接続されているipad/iphoneのアプリが開きます.

この画面では,FilemakerGoは,下になります.
(上のアプリは,一つ前のバージョンです)


 


③FilemakerGoのアプリを選択する

 

現行のFilemakerGoのボタンを
選択しています.

選択すると,
①の「ファイルを追加」のボタンが押せるようになります.

①のボタンをクリックします.

 


④ファイルの選択


デスクトップに保管している購入したランタイムのフォルダーを開きます.

*****.fmpur

「fmpur」の拡張子のあるファイルを選択し,開くをクリックします.

 


⑤ipadに同期させる

 

下図にあるように,

ソフトがインストールできました.

これから,ipadもしくは,iphoneに同期させます.

適応のボタンをおすと,同期が始まります.

 

同期が完了しましたら,購入したアプリを堪能されてください.


FilemakerGo→ランタイム

③までの操作は同じです.

 

次に,保存先を選択します.

 

病棟ToDoリスト for iphone 研修医の先生向け


入院患者のやることリストを
iphoneアプリとして、
用いることが出来るように、
作成しました。

研修医の事を思い返して、
こんなアプリがあれば。。。。と思うことを
作ってみました。





【ボタンの詳細】
①現在の入院担当患者と入院予定の入院患者を示します。
②現在の入院担当患者だけを示します。
③退院した患者で、サマリー未記載の担当患者のみを示します。
④入院予約の患者のみを示します。
⑤本日、やることの一覧表を患者ごとに示します(次の写真)。

本日のToDoリスト


本日行わなければいけない検査や治療項目を
リストにしています。


関心のある項目を押すと
その患者だけの一覧表が開きます。

患者ToDoリスト


左の写真は、
患者ToDoリストです。

【入力項目】
・検査・やることリストの曜日を設定を行います。
・時間・分の入力を行います。
・チェック項目
・やること項目の入力ができます。


本日の「すること」は、黄色い枠の太字で示されています。

【ボタンの詳細】
①ALLは、チェック済み・チェック未の両方を示します。
②済は、チェック済みのみの項目を示します。
③未は、チェックしていない項目のみを示します(右の写真)。
④詳細は、患者の詳細を示します。
⑤写真一覧表に変わります(次の項目)。

症例写真リスト



【ボタンの詳細】
①カメラが起動します(次の項目)
②患者ToDoリストに移動します。
③現在示している写真を削除します。
④今まで撮影した写真のリストを示します。
⑤現在の患者の写真を表示します(ここではID:0004)。

カメラ起動

【ボタンの詳細】
①iphoneのカメラが起動しています。
シャッターを押すことで、画像が確定します。

写真を確定した後の画像になります(右写真)。
②撮影を押せば、次の撮影画面(左写真)に移ります。
③iphoneに保存してある写真からデータを保存させることが出来ます。
④症例写真リストに戻ります。
⑤この画面の写真を削除します。

患者詳細


患者詳細では、
下記の項目を入力することが出来ます。

・入院日・退院日
・入院目的
・ステータス(入院・退院)
・主治医・担当医
・詳細(フリー記載)
・サマリーの状態(未・済)

症例写真 for iphone (通称:カメラくん)

研修医の頃に
こんなソフトが欲しいなーと思いながら、
作らず(れず?)に時間がたってしまいました。

このソフトは作る予定はなかったのですが、
インフルエンザのワクチン接種の副反応を撮影していた時に、
「欲しいなー」と思っていたことを思い出し、作りました。


最近のiphoneは普通のカメラよりも性能がよく、
ピントもすぐに合うことができとても扱いやすいです。


また、指で拡大・縮小の操作ができ、
医療系ソフトに持ってこい!ということで作成しました。

最近は、高い一眼レフを用いずに、
手軽に扱える高性能のiphoneが主流ではないでしょうか。


TOPページ 患者情報


アプリを選択すると
まず、このページが開きます。

患者情報の画面では、
患者IDと患者名だけの入力になります。

画面の操作方法については、
①新規の患者を作成する。
②既存の患者を選択する。

①または、②を選択し、カメラの絵の撮影を選択します。


カメラ

iphoneのカメラが起動し、
撮影ができるようになります。

シャッターを押すと、
・写真を使用
・再撮影
のどちらかを選択する場面になります。

「写真を使用」ボタンを押すことで、写真の中身が確定し、
左図の場面になります。



【番号の説明】
①次の写真撮影が実施されます。
②iphoneの中にある既存の写真を取り込みます。
③一覧表に移動します。
④TOPページに戻ります。
⑤現在の写真を削除します。

ちなみに、
患者を間違って入力した場合には、IDの後の白枠で修正できます。

写真リスト

  この写真では、
  患者ごとにリストアップされます。
  また、写真を撮った順に並んでいます。
  (古い写真が下に来ます)

  ・患者ID
  ・患者名
  ・撮影日
  ・撮影時間



患者IDは、間違った場合には、
白い枠をクリックすれば、変更できます。

【ボタンの説明】
全リスト:全患者リストについて、IDの小さい順・日付・時間順に並べ替えて表示します。
ID:選択している患者のみのリストについて、日付・時間順に並べ替えて表示します。

randMSの公開 2016/10/01

臨床治験のランダム化を自動に割付するソフトの開発が終了し,
論文投稿を行っていましたが,3つの学会誌に投稿しましたが
大まかに下記の理由にて
論文がアクセプトすることが困難でした.


①COIに問題を生じる可能性があること

【当社の解釈】
「オリジナル」のrandMSを使用料することに当たって,
金銭的な授受は発生しません.
しかしながら,
各研究機関がrandMSをカスタマイズする場合,
カスタム代金として金銭的な授受が発生することがあるため,
完全に無料としているわけではありません.

風の庵という会社が作成したソフトであり
利益相反が生じる可能性が否定できない理由は,もっともでした.
(カスタム化しない場合は,もちろん無料でご利用いただけます)


②新しいアルゴリズムではない

【当社の解釈】
randMSは,
下記の2つを用いてランダム化しているソフトになります.
・ランダム置換ブロック法
・最小化法
これらは,先行文献を参考に,各個人が手動で行っていたことを
自動化したソフトになっただけで,新規性のアルゴリズムかどうかと言われれば,
査読者が指摘しているように「全く新規性」はありません.


以上から,
randMSを既成の雑誌に投稿することで,
臨床治験に関わる先生方の社会貢献をしたいという
思いは完全に断たれてしまいました.
従いまして,
既成の学会誌では
randMSの正当性を根拠とする雑誌はありません.


当社が立ち上げました日本総合医療・統計研究会雑誌による論文に作り直し,
ご利用いただける先生方が見やすくなるように
論文を公開しました.

この論文に賛同していただける先生方に
randMSを無料で使って,可愛がって頂きたく存じます.


もし,可能でしたら,
ご利用いただける先生の中で,
randMSがきちんとランダム化されているかの確認を
させていただけると幸いと存じます.



論文については,こちらをご供覧ください.

pdf原著論文(修正)